2011年11月22日

早起きのコツ

みなさん、こんばんはわーい(嬉しい顔)
本日もご覧いただきありがとうございます。

日に日に気温が低くなって、冬の足音が聞こえてくる今日このごろ、
みなさん体調はいかがでしょうか。

コートやダウンを着ている人もだいぶ増えてきましたね。
我々ダイエッターは、脂肪のコートを身に着けないよう
気をつけましょう。

さて、10月5日の記事「目標設定の壁」で、潜在意識は急な
変化を嫌うと書きましたが、今日はその理由についてです。

みなさんは「ホメオスタシス=恒常性維持機能」という言葉を
聞いたことがありますか?
たとえばジョギングを始めると心拍数が上がり、休むと徐々に
心拍数がもとに戻ります。

意識しなくても自動で調節されますよね。この機能が備わって
いるおかげで、常に体を最適な状態に保つことができるわけです。

ところで、人間には「生存せよ!」という絶対命令がプログラミング
されていますから、この命令に逆らうような行動は、生命を危険に
さらす行為とみなされます。

根性や気合だけで無理にがんばっても長続きしないのは、恒常性を
維持しようとする潜在意識のメカニズムが働いて、もとの自分に
戻そうとするからです。

つまり、普段やらないことを急にやろうとしたり、日常のルーティン
でも急にペースアップすると、潜在意識が生命を維持する上で危険な
行為であると判断して待ったをかけるわけです。

もちろん意識の上では危険じゃないことは分かっているんです。
でも潜在意識は急な変化をすべて危険だ、と勘違いするんですね。
なんかじれったいやつだと思われるかもしれませんが、潜在意識に
悪気はないんですよ。だって自分を守ろうとしているんですから。

みなさんにはこんな経験はないでしょうか。
学生のとき夏休みとかですっかり夜型になってしまい、「よし、明日
から朝型に切り替えよう!」と決心したものの、いきなり朝早く
起きれるようにはならなかったという・・・

僕もそうでした。それまでお昼まで寝ていたのに、朝7時に目覚まし
をセットしても、結局アラームを消して昼まで寝てしまうんですよね。

ところで、そんな僕も今はすっかり朝型となり、毎朝6時に
起きてます。早起きできるようになるコツは、前日よりも10分だけ
早く起きることです。潜在意識に悟られないように、毎日少しずつ
早く起きます。

10分で悟られたら5分でもよいです。それでもバレたら1分に
しましょう。とにかく1秒でも前日より早く起きれたら大成功です。

このように、潜在意識の仕組みや特徴を把握することで、より多くの
目標を達成できるようになります。
潜在意識については、僕が自信をもってオススメできる本があります。
石井裕之さんの人生を変える!「心のブレーキ」の外し方です。



この本は、僕の数少ないバイブルの中の1冊です。本当にすばらしい
本です。オマケに石井さんの「ダイナマイトモチベーション6ヶ月
プログラム」の一部を収録したCDが付いてます。このCDがまた
すばらしい!


本日のウエスト=81センチ


人気ブログランキングへ
  ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


ラベル:早起き 潜在意識
posted by リバウンドゼロ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。