2011年12月07日

英語習得には音読がオススメ

みなさん、こんばんはわーい(嬉しい顔)
本日もご覧いただきありがとうございます。

今日は少し脱線して英語ネタを書きます。
ダイエットとは無関係のようですが、継続することに
おいては共通することが多いと思います。

僕が英語を学ぶうえでもっとも大切にしているのは
発音です。正しい発音を身に着けると

1)ネイティブの外国人との会話がスムーズになる
2)音読するときに自信が持てる

といったアドバンテージがあります。
発音なんて細かいことは気にせずに話しかけるのが
大事だとする向きもありますが、カタカナ英語では
通じないことは結構あります。

たとえば、僕の友達がイギリス・スコットランドへ
旅行したとき、バスでとなりに座った人に
「どこへいくの?」と聞かれて
「エジンバラ」と言ったけど通じなかったという
話を聞きました。

エジンバラ(エディンバラ)はスコットランドの首都
ですが、英語では第一音節にアクセントがあります。
また、「エ」以外の母音はすべて曖昧母音といって
日本語の「あ」とも「う」ともつかない、まさに
曖昧な音です。

もしも友達が「ドゥンブル」
と発音したら、通じていたかもしれません。

みなさんは、英語の授業で発音を学ぶときに
r, th, f, v などの子音がむつかしいと感じた
かもしれません。

それに加えて実は母音にも日本人にはなじみのない
むつかしい発音があります。

たとえば、「あ」と「え」のあいのこみたいな発音、
「い」よりも口を横に引っ張る感じの発音(子供が
すねて、いーだ!という感じ)などです。

というわけで英語の正確な発音ができるようになるには
独学ではむつかしいと思います。

必ずしもお金をかけて英会話スクールに通う必要は
ありませんが、ネイティブのお友達に教えてもらうのが
得策です。

正しい発音を身につけたら、オススメは英語の文章の
音読です。
みなさんが興味のある本を一冊選び、少しずつでも
よいので毎日音読します。

何度も繰り返すとそのうち暗記していまい、本を
見なくても内容を声に出して言えるようになります。

発音をおろそかにしていると、音読しているときに
「この単語の発音はこれでいいのかなあ?」と
どっちつかずの気持ちになり、自信がもてません。

一方正しい発音を身につけてしまえば、知らない単語
があったら発音記号を確認して発音できるように
なりますから、自信をもって音読できます。

実は、この自信を持って音読を繰り返すということが
とても大切なことなんです。

みなさんも「人間は行動するたびに、その行動の
背後にある動機や考えを強めていく」という心の
性質を聞いたことがあるでしょう。

もしも自信が持てずに不安な気持ちのまま音読を
繰り返すと、心は消極に向かってエネルギーが
低くなります。

一方で正確な発音を習得して、自信をもって音読すれば
ますます自信が強くなり、継続するための積極エネルギー
が心に蓄えられます。

僕が筋トレを継続できているのも、ビリー隊長に筋トレの
正しい方法を教わったからです。もちろんDVDを通して
ですが。

まずは正しいやり方を教えてもらう。これが継続するため
の大切な第一歩です。


本日のウエスト=80センチ


人気ブログランキングへ
  ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます



長文読解力を身に着けたい方は必ず続きをお読みください⇒音読に慣れてしまうと、英文を見たときに頭の中で
音声化するプロセスが定着します。
長文を短い時間内に理解する必要がある場合、この音声化に
かかる時間がネックになることがありますのでご注意ください。
ラベル:英語 継続
【関連する記事】
posted by リバウンドゼロ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。