2012年01月13日

一点突破

みなさん、こんばんはわーい(嬉しい顔)
本日もご覧いただきありがとうございます。

昨年の12月から視力回復を目標として日々眼の
エクササイズをしていることは何度かお伝えしましたが、
なぜ長年放置していたことを今になってやり始めた
のか、その理由を分析してみました。

結論は「筋トレを継続しているから」です。

一見、無関係とも思われる筋トレと視力回復ですが、
それぞれの目的や本質を見ていくと深い部分で
つながっていることが分かります。

まず、筋トレについて考えてみましょう。
そもそも筋トレを始めたきっかけは、フロの鏡に
うつったウエスト91センチのポッコリおなか
にショックを受けたからです(笑

これはまずいということで筋トレを始め、7ヶ月
かけて目標を達成しました。

目標を達成したこと以外にも、筋トレには様々な
恩恵があります。

中でも継続していて本当に良かったと思われる
ことは、体が鍛えられるとともに精神力も強くなり、
自分の意思でやるべきことを決めてそれを実行する
力が養われたことです。

そして、これまで不可能と思っていたことに
希望の光がさしこむと、「どうせやってもたいした
結果は得られないだろう」というあきらめムードが
影を潜めます。

一方、これと入れ替わるように「やるだけやってみよう」
という積極エネルギーがチャージされます。

つまり、筋トレを継続することで潜在能力が底上げ
されたため、困難なことにもあえてチャレンジしようと
いう信念が強化されたわけです。

次に視力回復について考えてみましょう。

視力低下の原因は下記の2つに大別できます。

1)パソコンの画面を長時間見続けるなどの物理要因
2)心配や不安といったストレスなどの精神要因

1)の物理要因による視力低下は、主に眼球を動かすため
の眼筋や、水晶体とその厚みを調節するための毛様体筋
の柔軟性が失われるために起こります。

そこで、視力を回復するためには眼球を意識して動かし
たり、近くのものと遠くのものを交互に見るといった
エクササイズを行う必要があります。

また、2)の精神要因を解決するためには読書などで
心の栄養をとる必要があります。

このように、視力回復の方法と、ダイエットのための
筋トレの方法が

◎筋肉を動かして鍛えること
◎心に栄養を与えること

において同じ原理で行われていることが分かります。

何か一つのことに習熟することができれば、可能性
が見えてきて、望ましいことが引き寄せられます。

必ずしも筋トレでなくてもかまいません。

「これに集中することで潜在能力が底上げされる」
という確信がもてることがあるなら、ぜひそのことに
心血を注いでください。


本日のウエスト=80センチ


人気ブログランキングへ
  ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


posted by リバウンドゼロ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。