2012年01月29日

お正月の珍事件

みなさん、こんばんはわーい(嬉しい顔)
本日もご覧いただきありがとうございます。

このところ堅い話題が続いたので、今日は脱線します。
久しく画像もアップしてませんでしたね。
そこで何かないかなと探してみました。

レシート20111201.jpg

これ、2ヶ月くらい前に近所のスーパーでお買い物
したときのレシートです。

少しこまかくて見づらいですが、合計額にご注目。
そうです、なんとジャスト¥2,000の
お買い上げだったんです。

スーパーでお買い物をしたときにお札で払って
おつりがなかったのは後にも先にもこのときだけ。

「へえ、こんなことは初めてかも・・・」というと、
レジのおばちゃんも
「ねえ、めずらしいですよねー」
となんだか和やかな雰囲気になりました。

ただそれだけのことですが、こういうことって
なんかラッキーな気がするんですよね。

さて、話題は変わり、僕が心身ともに健康でいられる
ことを強く意識するようになったきっかけについて
お話します。

僕のブログは、いかにダイエットを楽しいものに
するか、ということがテーマのひとつです。

その一方で、健康に気を配るようになった原因は、
実は「かなり痛い目にあった」ことなんです。

それは何かというと、大学1年のお正月に患った
尿管結石という病気です。

ご経験のあるかたは分かっていただけると思いますが、
これ、はんぱな痛みじゃありません。

大のおとながのた打ち回るほどで、実際僕も
呼吸困難に陥り、はじめて酸素マスクを装着され
ました。

どうしたらこんな病気になるのかというと、
主だったことは

●栄養のバランスがよくない
●水分を十分にとっていない
●寒さ

といったところです。

大学生になってから一人暮らしを始めたので、炊事の
ことはまるでわからず、弁当やらカップめんを
主食とし、ライブをやっては打ち上げで酒を飲むという
生活を続けた末に、なるべくしてなったというわけです。

それはとても寒い夜でした。いきなり腰のあたりが
痛くなって目がさめました。これはどうしたものか
と思いつつ、朝まで我慢したものの、ついに
堪えきれなくなり、病院に搬送されたときに
珍事件が勃発しました。

救急車こそ呼ばなかったものの、当時知り合いになった
社会人のTさんに電話して、車で病院につれてって
もらいました。

総合病院のロビーで待つことしばし。
しかしながら、小康状態だった痛みが再び激化し、
意識もうろうとしてきた僕を見て、Tさんは
「これはやばい!」と思ったらしく、急患として
対応してもらうよう手配してくれました。

ドラマでよくみるシーンよろしく、移動ベッドに
乗せられて、点滴を打ちつつ緊急治療室へ。

この時点で痛みの原因は分かっておらず、まずは
痛み止めだということで、注射しようとはするものの、
激痛のため足が硬直して、針がささらなかったそうです。

どたばたするなか、やがて激痛もやわらいだところで、
医者が原因を探るべく、
「最近なにか変わったことは?」
と僕に訊いたそうです。

激痛と戦って意識が飛んでいたこともあり、このとき
何を言ったのか覚えていないんですが、のちに
Tさんから聞くところによると

「んー、餅を食べすぎたかなあ」

・・・

まさかの発言に、医者はあっけにとられ、看護婦さんは
笑いをこらえられずにプッと吹き出し、付き添ってくれて
いたTさんは、いまさら「知り合いではありません」
とも言えず、はずかしそうに下を向いていたらしい。

このことは、のちに「もち食いすぎ事件」として
しばし語り継がれ、人々の笑いを誘ったのでした。

それ以来、カレーに始まり野菜炒めをつくったり、
魚もグリルで焼いて食べるなど、少しずつ炊事をおぼえ、
毎日なわとびを800回から1000回飛ぶなど、
運動も欠かさないようになりました。

人間、痛い目にあうと変わるものです(笑

もしかすると、人にとって自己推進力の源になるものは、
「あんな痛い思いをするのは2度とゴメンだ!!」
という不摂生を自ら戒める強い気持ちなのかもしれません。


本日のウエスト=80センチ


人気ブログランキングへ
   ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


ラベル:自己推進力
posted by リバウンドゼロ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。