2012年04月24日

心理状態の視覚化(2)

みなさん、こんばんはわーい(嬉しい顔)
本日もご覧いただきありがとうございます。

前回の記事心理状態の視覚化で、
@筋トレに伴う苦痛の度合い
A目標の達成度やモチベーションの強さ
について、それぞれグラフにしました。

今日は、これらのグラフを重ね合わせてみます。
分かりやすいように、上記@をマイナスエネルギー、
Aをプラスエネルギーと定義します。

もしも最初から高い目標を設定した場合、
プラスエネルギーよりもマイナスエネルギーが
優位な状態からエクササイズをスタート
することになります。
グラフ3blog.JPG

この状態でエクササイズを継続するためには、
グラフの緑色の矢印で示されている、マイナスエネルギーと
プラスエネルギーの乖離(かいり)を、根性や気合といった
突発エネルギーで埋め合わせる必要があります。

もしもプラスエネルギーがマイナスエネルギーを上回る
状態、つまりグラフ上の両エネルギーが交差するまで
エクササイズを継続することができれば、ひとまず習慣化が
完了します。

しかしながら、これはあくまで理論上のことであって、
下記2点の理由から、現実離れした目標を設定する
ことはオススメできません。

1)あまりにも目標を高く設定してしまうと、
マイナスエネルギーとプラスエネルギーの乖離幅が
大きくなり、挫折する確率が高くなる

2)筋トレに伴う苦痛を感じたとき、それをなまけ心から
くるものなのか、本当に体を壊してしまうレベルなのかを
判断することはむつかしい

従って、最も安全で効率のよい方法は、はやく目標を
達成したいという気持ちをおさえて、最初の目標を
低めに設定することです。

体の声に耳を傾けて、コミュニケーションをとりながら、
徐々にエクササイズの回数や負荷を増やしましょう。


本日のウエスト=81センチ


人気ブログランキングへ
   ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


posted by リバウンドゼロ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。