2012年06月29日

磨かれた信念

みなさん、こんばんはわーい(嬉しい顔)
本日もご覧いただきありがとうございます。

最近、僕のブログを訪問された方は、
「いったい、これのどこがダイエットブログなんだ?」と
不思議に思われたかもしれません。

これはなぜかというと、僕の考え方が大きく
変わろうとしていているためです。

情報をブログでおおやけに発信するからには、
なんのためにダイエットに取り組んでいるのか
といった理由や、ブログの理念をお伝えする
義務があります。

そして、大元の考え方が変わるとすれば、当然
ダイエットの捕らえ方や、理念にも大きく影響
します。

したがって、きっかけとなったことは何か、
どのように考え方が変わったか、あるいは
変わりつつあるのかといったこともお話しようと
思ったわけです。

今、僕に起きている変化は、これまでの人生で
最大のパラダイムシフト(考え方の枠組みが
変わること)かもしれません。

ところで、この「パラダイム (paradigm) 」という
言葉をはじめて知ったのは、
「ブレイクスルー思考」(ジェラルド・ナドラー/
日比野省三 共著)という本を読んだときです。

次に目にしたのは、ご存知「7つの習慣」(スティーブン・
R・コヴィー著)です。

今でこそ、パラダイムという言葉は、書籍でも
ネットでもよく目にしますが、僕がこの本を読み始めた
ころは、まだ一般に使われてはいなかったようです。

にもかかわらず、なんともカッコイイ響きに魅了されて、
「パラダイム」がマイブームになりました。

ブレイクスルー思考は、問題解決の本質について書かれた
本ですが、なにかむつかしい問題に直面していたから
この本を買った、というわけではありません。

では、なぜ買ったかというと、背表紙のデザインが
気に入ったからです。
CDやレコードでいうところのジャケ買いです。

BREAKTHROUGH blog 20120629-1.jpg

そんなわけで、内容も確認せずに買ったものですから、
いざ読もうとしても、むつかしくてさっぱり進みません。

今読み返しても、その内容の深さにおどろかされます。
難解なだけに、何回も読まなければよく理解できません。

それで何が言いたいのかというと、未知の世界を
知ったり、信じられないような考え方を受け入れた
ときに、矛盾しない信念は強化される、ということです。

どういう信念が生き延びて、より真実味が増したか
ということについて、次回お伝えします。


本日のウエスト=81センチ


人気ブログランキングへ
   ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


posted by リバウンドゼロ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。