2012年08月23日

究極の筋トレ

みなさん、こんばんは。
本日もご覧いただきありがとうございます。

もう数ヶ月前のことですが、僕の筋トレ仲間が
面白い話をしてくれました。

話の内容は

「ある日いつものようにジムへ筋トレをしにいくと、
中年の男性が、左右の腕を交互に前へ突き出す
エクササイズをやっていた。

遠目には、ダンベルを持ってやっているふうでは
あるが、近づいてみると、なんとこのおじさん、
何も持っていない!!

にもかかわらず、う〜ん、う〜んと呻き声を
出しながら、いかにも重そうに腕を動かしている・・・」

というものです。

この不思議おじさん、あっという間にジムで
話題騒然となり、誰もが「ぽかーん?」となるも、
本人に真意をただす度胸を持ち合わせる
ツワモノはいない。

僕はこの話を聞いて、「へえ、世の中変わった人も
いるもんだ」と言って、笑っていました。

ところが、それから数週間が過ぎたころ、あのエア筋トレ
おじさん、実はタダ者ではないかもしれない!!と思わせる
出来事が二つ。

ひとつは、「心を上手に透視する方法(トルステン・
ハーフェナー著)」という本を読んだとき、

「腕を骨折した人が怪我した腕を動かせなくても、その腕の
筋力トレーニングをイメージしてみるという実験が行なわれた。

−中略−

イメージで筋トレをした人たちは、筋力の低下がほとんど
見られなかったのだ」

と書いてありました。

もうひとつは、筋トレ仲間の家に遊びに行ったとき、
たまたまテレビで筋トレの番組を見たんですが、
その方法が、

「ブリッジをするときは、グランドキャニオンの谷底を
イメージする」

「スクワットをやるときは、落ちてきた天井を必死に両手で
支えるイメージで」

というものだったんです。

もしもこれらのことが本当で、イメージするだけで効果が
あるとすれば・・・

おじさん、笑ってごめんなさい!!
あなたは筋トレの最先端を突っ走っていたんですね。


本日のウエスト=82センチ


人気ブログランキングへ
   ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


posted by リバウンドゼロ at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
お返事がおそくなりすいませんでした。
リンクは確認しました。
私のブログも設定しました、
今後もよろしくおねがいします。
あと筋トレは私も苦労してます。
なかなか大変ですよね?
Posted by カスタム at 2012年08月24日 14:36
カスタムさん、こんばんは。

リンクの設定をしていただき、
ありがとうございます。

こちらこそ、よろしくお願いします。

やっぱり筋トレは大変ですよね。
僕も毎回気合を入れてやってます。

お互いがんばって続けていきましょう。
Posted by リバウンドゼロ at 2012年08月24日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。