2012年09月29日

2つの寿命

みなさん、こんばんは。
本日もご覧いただきありがとうございます。

前々回から「寿命1000年」という本について
感想を書いてきました。

今思うことは、実際に寿命が延びるか否かという
こととは別に、なんでそんなに長生きしたいと
思うのか?という疑問に始まり、人生の意味に
ついて深く考えざるを得なくなったということ
です。

つまり、仮に想定以上の寿命が可能になった
として、増えた時間で何をしたいのか?
それをやることにどのような意味があるのか?
ということが明確になっていなければ、
結局のところ、寿命の長短は人生にとって
それほど重要ではないということになる
かもしれません。

もしも予定を先送りして何もせずにいて、
気がついたらあっという間に時間が過ぎ、
寿命の延長分が空振りに終わったとすれば、
こんなことなら寿命はもとのままのほうが
良かった、なんてことにもなりかねません。

ところで、寿命を延ばすというと、まず
思い浮かぶのは、生きていられる時間の
延長ですね。

平均寿命が80歳、90歳と延びていく
ことや、100歳以上の人口が増えて
いくなど。

これに対し、生きていられる時間が
固定されていたとしても、人生の質という
観点から寿命を延ばすことが可能です。

どうして長生きしたいのかというと、
やりたいことがたくさんあり、
それらを実行したり行動に移すことで
より多くの達成感や充実感を味わいたい
からでしょう。

あるいは最愛の人と末永く人生をともに
したいとか、創造を旨とするすばらしい
人たちと楽しい思い出をたくさんつくりたい
ということもありますね。

ということは、より多くの達成感、充実感を
伴う人生を送ることができて、より多くの
楽しい思い出づくりができれば、実質
寿命が延長されたことになります。

さて、寿命を時間としてとらえるか、
質としてとらえるか、どちらにしても
長寿を実現するためには、心身ともに
メンテナンスを継続することが必要不可欠
です。

このあたりは次回お話します。


本日のウエスト=82センチ


人気ブログランキングへ
   ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


posted by リバウンドゼロ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。