2012年10月28日

フローティングワイヤー

みなさん、こんばんは。
本日もご覧いただきありがとうございます。

前回の記事で、待無(タイム)にワイヤーを設置して、
フックを引っ掛けることで、待無の流れに乗るという
お話をしました。

ところで、フックを引っ掛ける(計画を実行に
移す)ためには、タイミングの他に、もうひとつの
要素、つまり決心したり体を動かすための
エネルギーが必要です。

いつもエネルギーレベルを一定に保てれば
よいのですが、これもなかなか思い通りには
なりません。

事実、僕も筋トレをやろうとするときに、気力が
充実していてスムーズにとりかかれるかというと、
そんなことはありません。

僕の筋トレの予定は、食後1時間たってからと
決めているので、どちらかというと、睡魔に
襲われながら、エネルギーが足りないんじゃないかと
思われる状態でスタートします。

そこで今日は、なんでそんなモチベーションが低下
しているときに行動することができるのかお話します。

僕が長年勘違いしていたことのひとつに

「なにかをやろうとするとき、やる気満々で、気力が
充実していれば実行できるし、エネルギーが
たりないときは、計画通りに事が運ばない」

という思い込みがありました。
その一方で、今はどうかというと

「やる気がないのなら、エネルギーレベルを上げれば
よい」ということが分かってきました。

方法はいたって簡単。

まず、手のひらを握ったり開いたりを一定の
リズムでくりかえします。

そして、やるべきことを細分化して、
次の一手に集中してとりかかります。

たとえば、僕の筋トレメニューは

アップ→負荷の軽いエクササイズ→腹筋
→チューブエクササイズ→クールダウン

に分けることができます。

そこで、とにかく次の一手、つまり
アップにとりかかることだけに集中します。

こうすることで、まず間違いなく最初の
一歩を踏み出すことができます。

そして、一旦動き出すことができれば、
勢いがつくので、テンポよくメニューを
こなしていくことができます。

以前の僕であれば、メニューをひとかたまりのまま
とらえてしまい、

「また1時間もかかってしまうなあ」とか
「また腹筋をやるのはたいへんだ」などと
余計なことを考えてしまい、心を否定エネルギーに
占拠されて身動きがとれなくなっていました。

最悪なのは、ひとつの予定がずれ込むと、
完ぺき主義が頭をもたげて、せっかく立てた
予定が総崩れになり、結局なにもせず、
実りのない待無がむなしく過ぎていくことです。

そこで、このような事態に陥らないために、
定刻に流れてくるワイヤーとは別の
「フローティングワイヤー」を設置します。

フローティングワイヤーは、定時に流れてくる
ワイヤーに乗り遅れた場合、その後の予定を
自動でキャンセルしてくれます。

そして、エネルギーレベルを高めるための
「遊び」を用意してくれるので、あせることなく
最初の一歩を踏み出すことができます。

首尾よく筋トレメニューをこなすことができたら、
キャンセルされた予定を組み直します。

ポイントは、エネルギーが足りないと感じる
ときは、深く考えないようにすることです。

否定エネルギーが多いときは、心が否定に
傾いているので、否定感情が生まれて悪循環に
陥ります。

その一方で、エネルギーレベルを高めることに
成功すれば、積極エネルギーが積極感情を
呼び起こし、創造する思考回路が開いていきます。


本日のウエスト=81センチ


人気ブログランキングへ
   ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


posted by リバウンドゼロ at 22:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにエネルギー大事!!
疲れてるし…眠いし…ってサボってしまいます。
続けることが大事なのに中々できない…
あたしも最初の運動をやることに集中してがんばっていきます!

お互い頑張りましょう^^♪
Posted by わしこ at 2012年11月01日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。