2012年11月27日

記憶と感情

みなさん、こんばんは。
本日もご覧いただきありがとうございます。

今日は、苦手と思われていた進数の世界が
分かるようになった背景について
お話します。

僕が2進数と出会ったのは、中学1年のときです。
その後、高校の授業でも再会して、
「うは、またかよ」と思ったのを覚えてます。

3回目の遭遇は、ソフトの開発・販売を手がける
会社でバイトをしたときに、アセンブリ言語を
かじったときです(正確に言うと、甘噛みした
だけで、歯形も残らなかった・・・)。

そしてこのたび4回目のチャレンジで、やっとこさ
進数を理解できたわけです。

なんと言っても、「自分のペースでゆったり学ぶ
Cプログラミング超入門」という本との出会いが
大きかったです。

他の入門書は、基本をすでに理解していることを
前提として書かれているいるものが多く、入門書と
謳ってはいても敷居が高かったですね。

そんな中、同書はそもそもプログラミングが何だか
分かっていない人に、どのような説明をしたら
理解しやすいかという視点で書かれているので、
なんともありがたい良書なんです。

著者の杉浦英樹さんに感謝します。

さて、2進数とのファーストコンタクトから、
現在までの自分を振り返ってみると、
あるひとつのことに思い当たります。

それは「知識は純粋に知識だけで独立して
記憶されているわけではない」ということです。

話はそれますが、「アヴェンタドール」が
なんのことだか分かる人は、車が好きな人
だと思います。

「ああ、ランボルギーニね。V12の6.5リッター
4WD・・・」という具合に、スペック表を
見なくても、全長・ホイールベースや重量に
至るまで、よくそんなことまで覚えているなあ
と感心するくらいの詳細な知識を記憶している
ことでしょう。

では、その人が一生懸命アヴェンタドールの
スペックを記憶したかというと、おそらく
そんなことはないはずです。

その一方で、車に関心がない人は、
「アヴェンタドール?どっかで聞いたような・・・」
くらいの認識しかないでしょう。

僕も詳しいことは分かりませんが、脳の構造を
みてみると、見たり聞いたりした情報は、感情と
結びついて記憶されるようになっているそうです。

なるほど、もしもそうならば、好きなことや
必要なことは難なく覚えられるし、記憶が定着
しやすいということもうなずけますね。

ということは、苦手意識の正体は、知識や経験が、
なにか嫌な思いをしたとか、すごく苦しかったと
いった、マイナスのエネルギーをもった感情と
セットになったもの、と考えることができます。

僕が2進数を理解できなかったのも、まさに
こういったところに原因がありそうです。

まずもって、中学・高校に通っているうちは、
社会経験がほとんどありませんから、授業を
受けても、その内容が将来必要になるとも
思われないし、やっていることの意味が
さっぱり分かりません。

つまり、感情や経験を切り離して知識だけ
覚えようとすることは、記憶のメカニズムに
逆行しているわけです。

自然、必要ない→面白くない(マイナスの感情)→
理解したくないという悪循環に陥いります。

その一方で、今はどうかというと、

パソコンは便利だ(必要だ)→

データはON(1)かOFF(0)の
2種類で表される
(おっ、これって2進数じゃん!
面白そう)→

もう一度チャレンジしよう→

なるほど、分かった!!

このように、2進数の記憶と結びついていた
マイナスの感情が、面白い・好きだという
プラスの感情に置き換わったことにより、
苦手意識を克服することができたんです。
   




本日のウエスト=81センチ


人気ブログランキングへ
   ↑↑ クリックしていただけると助かります。
 いつも応援ありがとうございます


posted by リバウンドゼロ at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜♪
感情と記憶は切っても切れないのですね!
確かに思い入れのあることについては詳しく覚えていますもんね!
参考になりました!
Posted by zuki at 2012年12月03日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。